将棋のピーク年齢を棋士のタイトル履歴で検証

将棋のピーク年齢を棋士のタイトル履歴で検証

15歳で七段になってしまった藤井聡太七段がどこまで強くなるのか気になりますよね。

 

一般的に棋士が最も強くなるのは20代から30代と言われていますが、早熟タイプもいれば、遅咲きタイプもいるハズ。そこで、主な棋士のピーク年齢をタイトル履歴から探ってみました。

 

現役の棋士に対してピーク年齢がいくつだったというのは、すでにピークを過ぎてしまったと言っているようで、失礼なのですが、あくまで現時点でピークと思える年齢ということです。

 

また、いつをピークとするかも見方がいろいろありますが、ここでは最もタイトルを多くたくさん獲得した年齢をピークとしています。

 

主な棋士のピーク年齢

棋士名プロ入りピーク年齢ピーク時実績
羽生善治15歳25歳七冠達成
谷川浩司14歳29歳四冠達成
渡辺明15歳28歳三冠達成
加藤一二三14歳42歳二冠達成(名人、十段)
中原誠18歳30歳五冠達成
森内俊之16歳33歳三冠達成
佐藤康光17歳23歳竜王位獲得

(敬称略)

 

羽生善治竜王に関しては、その実績からずっとピークが続いているともいえるのですが、七冠達成時が最もピークだったとすると、25歳のときの出来事です。

 

ちなみに、初タイトル獲得は19歳2ヶ月のときで、当時の最年少記録でした。

 

藤井七段と比べられることが多い加藤一二三九段ですが、タイトル獲得数をピーク年齢とすると、42歳のときとなります。

 

39歳のときも王将、棋王の二冠ですが、名人を含む二冠を達成した42歳のときをピークとしました。タイトルにはあまり縁がなかったので、こうなってしまいます。

 

史上最年少名人(21歳)の記録を持つ谷川浩司九段が四冠を達成したのは29歳のとき。35歳のときにも、二大タイトル(名人、竜王)を独占しています。

 

こうしてみると、やはり20代から30代がピークのようです。
藤井七段の場合、20歳まででもあと4年以上あります。

 

どこまで強くなるのか注目したいですね。

PR