2010年竜王戦(渡辺vs羽生戦)の戦型を振り返り

羽生善治名人にとって2度目の永世七冠挑戦となった2010年の竜王戦(対渡辺明竜王)の戦型と結果を振り返ってみたいと思います。

 

2010年竜王戦の結果と戦型一覧

先手 後手 戦型 手数
第1局 渡辺竜王 羽生名人 横歩取り 93手
第2局 羽生名人 渡辺竜王 相矢倉 142手
第3局 渡辺竜王 羽生名人 横歩取り 138手
第4局 羽生名人 渡辺竜王 角換わり 139手
第5局 渡辺竜王 羽生名人 横歩取り 155手
第6局 羽生名人 渡辺竜王 角換わり 146手

 

渡辺竜王から対戦結果を見ると、第1局から○○●●○○の4勝2敗。
先手、後手で2勝ずつあげ竜王防衛に成功しました。

 

戦型はすべて相居飛車。
羽生名人後手番の1、3、5局目はすべて横歩取りでした。

 

横歩取りとなった対局の結果は羽生名人から見て●○●の1勝2敗。
1局目は短手数の決着でしたが、3、5局目はともに130手を超える熱戦でした。

 

2010年竜王戦の仕掛け局面一覧

1局目から6曲目までの仕掛け局面を掲載しておきます。

1局目・横歩取り 2局目・相矢倉
2010年竜王戦第1局戦型 2010年竜王戦第2局戦型
93手で渡辺竜王の勝ち 142手で渡辺竜王の勝ち
3局目・横歩取り 4局目・角換わり
2010年竜王戦第3局戦型 2010年竜王戦第4局戦型
138手で羽生名人の勝ち 139手で羽生名人の勝ち
5局目・横歩取り 6局目・角換わり
2010年竜王戦第5局戦型 2010年竜王戦第6局戦型
155手で渡辺竜王の勝ち 146手で渡辺竜王の勝ち

 

いずれの対局も羽生名人が積極的に仕掛けているのが印象的です。