将棋の戦法・戦型を解説

局面図を見て覚える将棋の戦型・戦法

将棋は戦法・戦型を知るとより面白くなります。ここでは昔からある戦法やタイトル戦でも登場する最新の戦型まで取り上げているのでチェックしてみてください。

 

まずは見てカタチを覚えてしまいましょう。

 

雁木の駒組み基本図と基本的な戦い方

まずは雁木の基本図を確認。
色がついているところが雁木(囲い)です。
雁木基本図

 

▲5七銀ではなく▲6七銀とすると「ツノ銀雁木」となります。
(この場合は▲2八飛▲2九飛など飛車は2筋が基本)

 

今回は▲5七銀型の”ノーマル”雁木を取り上げます。

 

続きはコチラ

 

プロの実戦棋譜で学ぶ雁木の指し方

雁木のメリットにはバランスが良く角の打ち込みに強いということがあります。
これを活かした指し方で参考になるのが下記。

 

2017年9月22日に行われた新人王戦トーナメントの増田康宏四段対近藤誠也五段戦。
増田四段は雁木を積極的に採用している棋士の一人でもあります。

 

雁木の指し方(角交換狙い)
ツノ銀雁木に組んだ先手の増田四段が▲4五歩(39手目)と仕掛けた局面です。

 

続きはコチラ

 

ガンギマン深浦九段の棋譜で学ぶ雁木の指し方

もはや「ガンギマン」と呼びたくなるぐらい雁木を実戦でも指しまくってるのが深浦康市九段ですよね。先手だろうが後手だろうがガンガン雁木。

 

そこで、深浦九段の実践譜から雁木の指し方を学んでみたいと思います。

 

続きはコチラ

 

角頭歩(先手番)での指し方をプロの実戦棋譜で学ぶ

▲7六歩△3四歩に▲8六歩!とするのが角頭歩宣言(第1図)。
3手目に文字通り、角の頭の歩をつく指し方です。

 

 

はじめてこんな手を見たら、△8四歩とつきたくなりますよね。
△8四歩だとどうなるのでしょう。

 

続きはコチラ

戦法・戦型を知ると将棋がもっと面白くなる記事一覧

「鬼も逃げ出す 破壊力」とリズムのいい七五調の小見出しで鬼殺し戦法の解説が始まるのが「升田の研究」。升田幸三による将棋の指南書(単なる解説本ではありません)です。棋譜だけでなく文章からも升田幸三の切れ味が感じられるんですね。リズムの良い文章で読者を魅了「相手がどうでも桂は飛べ」「まんまと誘いの隙に乗る」「餌を見せておびき出す」といった声に出して読みたくなる文が散りばめられ、「先に手を出したからには...

コンピューターソフトによって見直された戦型が雁木(囲い)です。タイトル戦でも登場するなど流行してますよね。江戸時代からあった指し方なのだそうですが、近年は埋もれていた戦型となっていました。それがソフトの影響により、若手棋士のあいだで最近になって再び指されるように。どんな戦型なのか調べてみました。(今回は先手番での雁木を扱っています。)雁木の基本図まずは雁木の基本図を確認。色がついているところが雁木...

ソフトの影響で大流行中の雁木の指し方についてプロの実戦棋譜をもとにポイントとなる点をまとめてみました。狙い筋がわからないという方は参考にしてみてください。なお、駒組みについては下記の記事にまとめています。⇒ 雁木の駒組み基本図と基本的な戦い方雁木の指し方(1)角交換から敵陣への角の打ち込み雁木のメリットにはバランスが良く角の打ち込みに強いということがあります。これを活かした指し方で参考になるのが下...

もはや「ガンギマン」と呼びたくなるぐらい雁木を実戦でも指しまくってるのが深浦康市九段ですよね。先手だろうが後手だろうがガンガン雁木。そこで、深浦九段の実践譜から雁木の指し方を学んでみたいと思います。歩を持ったら継歩攻めまずは羽生善治棋聖に勝った一局。2017年10月31日に行われた第3期叡王戦段位別予選九段戦です。第1図は5筋で先手の羽生棋聖が歩を交換したところ。一歩を手にした深浦九段が仕掛けます...

先手番での角頭歩の指し方をプロの実戦棋譜をもとにまとめてみました。最近、流行しているのは後手番の角頭歩ですが、ここでは先手での指し方を見てみます。第66回NHK杯(2016年度)準決勝でも佐藤康光九段が先手番で用いています。まずは、基本図から確認していきます。角頭歩(先手番)の基本的な指し方▲7六歩△3四歩に▲8六歩!とするのが角頭歩宣言(第1図)。3手目に文字通り、角の頭の歩をつく指し方です。第...

後手番での角頭歩戦法の基本変化図と参考になりそうなプロの実戦棋譜をまとめてみました。先手番角頭歩は別記事「角頭歩(先手番)での指し方」にまとめてあります。後手番での角頭歩戦法▲7六歩△3四歩▲2六歩に四手目で△2四歩!とするのが後手番角頭歩(第1図)。こんな手が成立するんですね。第1図先手番の角頭歩なら、この局面で角頭歩側の手番になるので、角交換から桂をはねて飛車先の歩を受けることになります。とこ...

4五桂ポンからの早仕掛けが現れたプロ棋士の実践譜をもとに仕掛け筋と狙いをまとめてみました。羽生三冠と藤井四段の初対局(非公式戦)も取り上げています。2016年竜王戦第1局での4五桂ポンまずは、2016年竜王戦七番勝負の第1局。三浦弘行九段が出場できなくなって、丸山忠久九段が渡辺明竜王の挑戦したときの対局です。先手番となった丸山九段が25手目に▲4五桂ポンで仕掛けました(第1図)。第1図:竜王戦での...

エクセル(Excel)を使って下記のような将棋の盤面図を作成することができます。つくるときに必要な「文字を逆さまに配置する方法」「マス目に4つの●をつける方法」「背景に画像を設定する方法」を説明します。エクセル将棋盤面図のつくりかた「文字を逆さまに配置する」上向きで文字を入力9×9のマスの中に上向きで駒を配置(文字入力)します。マス目は罫線で引いておきます。逆さまにする文字を選択し、フォント名の頭...

page top