詰将棋以外で強くなる方法

将棋が強くなる勉強方法(2018年棋王戦から手筋を学ぶ)

プロのタイトル戦から強くなるための手筋を勉強してみたいと思います。

 

今回の対象局は2018年棋王戦第3局。
渡辺明棋王 対 永瀬拓矢七段の対局で戦型は角換わり。

 

後手が棒銀で来たときの先手の手筋を勉強します。

 

▲5六銀▲6六歩を見せて早繰り銀を警戒

第1図は後手の△7三銀に対して、▲6六歩とした局面。

 

第1図:▲6六歩

 

これは△6四銀と早繰り銀で来ることを警戒してのモノ。
▲6六歩に△6四銀なら▲5六銀△7五歩に▲6五歩とつくのが狙い。

 

角交換での▲6六歩は△6五歩と後手からの仕掛けを与えてしまう手ですが、後手が早繰り銀を見せているときにはこの手が牽制球となります。

 

実戦は△8四銀〜△9五銀と一直線に棒銀にきました。
△9五銀に対しての先手の指し手が▲8八銀(第2図)です。

 

第2図:▲8八銀

 

▲7七に上がった銀を▲8八に引くのは手損でイヤな感じもするのですが、棒銀を抑え込むにはこれがイイんですね。これで後手の銀は立ち往生してしまいます。

 

以下、後手は8筋の歩を交換して、△8四銀と銀を立て直し。
その間に先手は▲3七桂から▲3五歩で仕掛けます(第3図)。

 

▲5五角が飛車取りになるタイミングで仕掛ける

後手に△7三銀とされる前のこのタイミングで仕掛けるのがポイント。

 

第3図:▲3五歩

 

このタイミングなら▲5五角が飛車取りになるので、この筋を見せながら攻められます。
以下、△3五同歩▲2四歩△同歩▲4五桂で第4図。

 

第4図:▲4五桂


この手に△2二銀なら▲7七桂△4四歩▲2四飛が想定変化(第5図)。

 

第5図:▲2四飛


△4五歩と桂を取れば、▲5五角がさく裂します(飛車取りと▲2二角成の強襲狙い)。
▲7七桂が▲6五桂と跳ね、5三の地点を狙う筋もあります。

 

なので、実戦は第4図から、△4四銀▲2四飛△2二歩(第6図)。

 

第6図:△2二歩


飛車取りに△2三歩としたくなりますが、2二の地点が空いてしまうのがキズになるんですね。
例えば、▲2九飛とした後に▲2二歩△同金▲5三桂成といった狙いがあります(第7図)。

 

第7図:▲5三桂成

 

△5三同銀なら▲5五角が決まります(△5三同玉でも▲3一角)。

 

まとめ:将棋に強くなる方法(角換わり後手棒銀対策)

  • △9五銀に▲8八銀と引いていなす
  • △7三銀と立て直される前に仕掛ける
  • ▲5五角打での飛車取り+2筋への両面攻撃を見せる

PR

page top