詰将棋以外で強くなる方法

将棋が強くなりたい人が覚えておきたい手筋(2018年棋聖戦第1局)

2018年棋聖戦五番勝負第1局での参考になる手筋・攻め筋です。
対局者は先手が豊島将之八段、後手が羽生善治棋聖。

 

角換わり▲4八金−2九飛型(△6二金−8一飛型)のときの後手からの仕掛けです。

 

△6五歩で開戦

第1図は38手目に後手が△6五歩と仕掛けたところ。
ほぼ先後同型ですが、後手は△4四歩を指してないので、先攻しました。

 

第1図


直前の指し手は▲6六歩△5四銀▲5六銀。
先手の▲6六歩を待ってたかのように銀を進出して、△6五歩としました。

 

以下、▲6五同歩△同銀となって第2図。
△同銀でなく△6五同桂のほうがカタチなのですが、銀交換を迫って△同銀としたわけです。

 

第2図

 

駒がぶつかったときは取ることから考えたいですが、これに▲6五同銀とするとどうなるのでしょうか?以下、△6五同桂▲6六銀に△4七銀(第3図)と打ち込むのが後手の狙い。

 

第3図

 

これに▲4七同金なら△3八角の飛車金取りに角を打つというわけです。
なので、▲4七同金ではなく▲4九金と辛抱。

 

それでも、△8六歩▲同歩△8八歩▲同金△8六飛を後手の攻めが続きます。

 

△4七銀(▲6三銀)の打ち込みに注意

角換わり▲4八金−2九飛型では、銀をもたれたら△4七銀→△3八角が常に生じることは覚えておきたいですね(後手の場合も同じ)。

 

実戦は5八玉

上記の変化があり、実戦では△6五銀(第2図)に対して、▲5八玉(第4図)としました。

 

第4図

 

素人目に見るとココで玉が動くのはヘンな感じがするのですが、△4七銀の打ち込みには▲同金として玉でヒモがついてるのと、▲6九飛の変化を含みにしたものです。

 

▲6九飛は、浮き駒の△6二金も遠くから狙ってます。
これも覚えておきたい変化です。

 

▲6九飛の返し技

相手が攻めてきたところに飛車が回るというのは振り飛車っポイですね。
居飛車等の私にはパッと思いつかない感覚でした。

 

実戦は▲5八玉に△3五歩と逆サイドからの攻めを見せることになりましたが、ここで△5六銀とした場合の変化も見てみます。

 

▲5八玉に△5六銀なら、▲5六同歩△6五桂▲6六銀△6四歩▲6三歩△7二金▲9七角が実戦例のある変化(第5図)。

 

第5図

 

最後の▲9七角が後手の玉を睨んでいてうるさそうです。

 

▲9七角からの反撃

後手が6筋から攻めてきたときは▲9七角からの反撃も狙いのひとつになりそうです。
後手玉が△4二玉だと効果的。このためにも端歩はついておきたいですね。

 

まとめ:将棋が強くなりたい人向け手筋(角換わり▲4八金−2九飛型)

  • 銀交換からの△4七銀(▲6三銀)の打ち込みに注意
  • 6筋から後手が攻めてきたときの▲6九飛の返し技
  • △4二玉型なら▲9七角からの反撃狙い

 

 

PR

page top