将棋観戦を楽しむための将棋用語解説

将棋観戦がもっと楽しくなる将棋用語のイロハ

将棋の対局でもスポーツ中継と同じように解説者がいます。

 

プロのすべての対局に解説がつくわけではありませんが、日曜日に放映しているNHK杯トーナメントなど一般の人が観戦することが前提の対局には解説者がついています。

 

スポーツ中継の解説者と違ってユニークなのは現役のプロ棋士が解説しているところです。

 

例えば、プロ野球中継の解説と言えば現役を引退した選手がほとんどですよね。
オールスターなどで現役選手がたまに解説することもありますが例外中の例外です。

 

スポーツ中継にない将棋の解説の魅力

将棋の場合はほとんどプロ棋士がほかの棋士の対局を解説しています。
これがスポーツ中継にはない魅力。

 

解説者が対局者(今後対局する可能性がある)をどう見ているのかということが解説から知れたりするからです。どこまでホンネかなんてことを探るのも観戦の楽しみでもあります。

 

ただ、プロが解説するだけにどうしても専門用語が多くなってしまいます。
これが初心者にとっては将棋観戦のカベになりがちです。

 

専門用語を知らなくても解説を聞いていればなんとなくわかるのですが、知っていればより深く観戦を楽しむことができます。そこで、対局の解説でよく出てくる用語をまとめておきました。

 

将棋観戦の参考にしてみてください。

 

将棋通でも知らない使ってみたくなる将棋川柳BEST3

ゴロのいい将棋の格言って使ってみたくなりますよね。
ただ、聞いたことがあるベタなものばかりだと飽きてしまいます。

 

そこで、将棋通でもあまり知らない将棋川柳の中で使ってみたくなるものを選んで見ました。

 

「本能寺 端の歩をつく ひまはなし」 ⇒ 続きはコチラ

 

将棋観戦がもっと楽しくなる将棋用語のイロハ

 

豊川ダジャレで覚える将棋用語

キリマンジャロ

キリマンジャロと聞いて山を思い浮かべてるようでは将棋で強くなれません。
コーヒーでもダメ。

 

キリマンジャロと言えば、豊川七段の解説で出てくるダジャレの代表作のことです。

 

続きはコチラ

 

両取りヘップバーン

往年の女優オードリー・ヘップバーンのことを知らない小学生でも、将棋好きなら知ってるのが豊川ダジャレの代表作「両取りヘップバーン」です。

 

話すときは「リョウドリー」と伸ばしたほうが雰囲気が出ますよね。

 

続きはコチラ

PR

page top