2018年度に行われた将棋8大タイトル戦の結果を一覧教示

将棋8大タイトル戦の結果一覧(2018年度)

2018年度に行われた将棋の8大タイトル戦の結果を戦型局面図とともに掲載しています。

 

竜王戦の結果(羽生竜王 vs 広瀬八段)

日程羽生善治竜王広瀬章人八段戦型手数
第1局10/11-12角換わり141手
第2局10/23-24角換わり150手
第3局11/1-2角換わり130手
第4局11/24-25角換わり133手
第5局12/4-5先手矢倉139手
第6局12/12-13相横歩取り81手
第7局12/20-21角換わり167手

4勝3敗で広瀬章人八段がタイトルを獲得しました。

 

王座戦の結果(中村王座 vs 斎藤七段)

日程中村太地王座斎藤慎太郎七段戦型手数
第1局9/4角換わり145手
第2局9/20角換わり138手
第3局10/2矢倉急戦108手
第4局10/16角換わり137手
第5局10/30角換わり109手

3勝2敗で斎藤七段が初タイトルを獲得しました。

 

王位戦の結果(菅井王位 vs 豊島八段)

日程菅井竜也王位豊島将之八段戦型手数
第1局7/4-5中飛車133手
第2局7/24-25向かい飛車153手
第3局8/1-2中飛車157手
第4局8/22-23向かい飛車119手
第5局8/29-30向かい飛車133手
第6局9/10-11相穴熊四間飛車165手
第7局9/26-27相穴熊四間飛車127手

4勝3敗で豊島棋聖がタイトルを獲得し、二冠となりました。
すべて先手番が勝利したシリーズでした。

 

棋聖戦の結果(羽生棋聖 vs 豊島八段)

日程羽生善治棋聖豊島将之八段戦型手数
第1局6/6角換わり99手
第2局6/16後手雁木81手
第3局6/6力戦形145手
第4局7/10角換わり133手
第5局7/17角換わり108手

3勝2敗で豊島八段が初タイトルを獲得。
これで8大タイトルを8人の棋士で分け合う戦国時代となりました。

 

名人戦の結果(佐藤名人 vs 羽生竜王)

日程佐藤天彦名人羽生善治竜王戦型手数
第1局4/11-12横歩取り97手
第2局4/19-20角換わり103手
第3局5/ 8- 9角換わり111手
第4局5/19-20横歩取り79手
第5局5/29-30横歩取り84手
第6局6/19-202手目△6二銀145手

 

第6局は後手番の羽生竜王が2手目△6二銀から先手に△7四の歩を取らせる指し方を見せましたが、熱戦の末、佐藤名人が勝利し、4勝2敗で名人位を防衛しました。

 

2018年名人戦第1局は羽生竜王(先手)が勝利

2018年名人戦第1局
横歩取りで序盤から激しい変化となり、羽生竜王が勝利しました。

 

2018年名人戦第2局は佐藤名人(先手)が勝利

2018年名人戦第2局
角換わりで先手は居玉のまま戦いが始まりました。
先手玉が動いたのは87手目の▲4八同玉(後手が桂で金を取った手への応手)。

 

103手で佐藤名人が勝利し、1勝1敗としました。

 

叡王(えいおう)戦の結果(金井六段 vs 高見六段)

日程金井恒太六段高見泰地六段戦型手数
第1局4/14横歩取り76手
第2局4/28矢倉135手
第3局5/12横歩取り112手
第3局5/12急戦矢倉81手
第4局4/28矢倉147手

千は千日手

 

2018年叡王戦第1局は高見六段(後手)が勝利

2018年叡王戦第1局
横歩取りで高見六段(後手)が△4二銀としたことで乱戦に。
高見六段が76手で押し切りました。

 

2018年叡王戦第2局は高見六段(先手)が勝利

2018年叡王戦第2局
急戦調から矢倉に組み合うとこになり、後手から仕掛けるも135手で先手の勝利。
高見六段の2連勝となりました。

 

PR

page top