将棋界の出来事を年表で紹介

年表で振り返る将棋界の出来事

将棋界の出来事を年表形式にしてみました。

 

2001年以降の将棋年表(主な出来事)

年度主な出来事
2001ゴキゲン中飛車が升田幸三賞を受賞
2002森内俊之が初タイトルとなる名人位を獲得
2003谷川浩司が二冠(王位、棋王)
2004渡辺明が20歳8か月で竜王位を獲得
2005瀬川晶司アマがプロ編入試験合格
2006佐藤康光がタイトル戦5連続挑戦
2007森内俊之が十八世名人となる
2008渡辺明が初代永生竜王となる
2009
2010羽生善治が王座19連覇
2011第1回将棋電王戦(米長邦雄vsボンクラーズ)
2012渡辺明が三冠達成(竜王、王将、棋王)
2013渡辺明竜王の10連覇を森内俊之が阻止
2014糸谷哲郎が初タイトル竜王位を獲得
2015叡王戦(一般棋戦)を創設
2016藤井聡太がプロデビュー(中学生棋士)
2017羽生善治が永世七冠を達成
20188大タイトルを8人の棋士が保持
2019木村一基が最年長で初タイトルを獲得(46歳3か月)
2020藤井聡太が最年少でタイトル獲得(17歳11か月)

 

2001年度以降のタイトルホルダー年表

年度竜王名人王位王座棋王叡王王将棋聖
2001羽生善治丸山忠久羽生善治羽生善治羽生善治佐藤康光郷田真隆
2002羽生善治森内俊之谷川浩司羽生善治丸山忠久羽生善治佐藤康光
2003森内俊之羽生善治谷川浩司羽生善治谷川浩司森内俊之佐藤康光
2004渡辺明森内俊之羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治佐藤康光
2005渡辺明森内俊之羽生善治羽生善治森内俊之羽生善治佐藤康光
2006渡辺明森内俊之羽生善治羽生善治佐藤康光羽生善治佐藤康光
2007渡辺明森内俊之深浦康市羽生善治佐藤康光羽生善治佐藤康光
2008渡辺明羽生善治深浦康市羽生善治久保利明羽生善治羽生善治
2009渡辺明羽生善治深浦康市羽生善治久保利明久保利明羽生善治
2010渡辺明羽生善治広瀬章人羽生善治久保利明久保利明羽生善治
2011渡辺明森内俊之羽生善治渡辺明郷田真隆佐藤康光羽生善治
2012渡辺明森内俊之羽生善治羽生善治渡辺明渡辺明羽生善治
2013森内俊之森内俊之羽生善治羽生善治渡辺明渡辺明羽生善治
2014糸谷哲郎羽生善治羽生善治羽生善治渡辺明郷田真隆羽生善治
2015渡辺明羽生善治羽生善治羽生善治渡辺明郷田真隆羽生善治
2016渡辺明佐藤天彦羽生善治羽生善治渡辺明久保利明羽生善治
2017羽生善治佐藤天彦菅井竜也中村太地渡辺明高見泰地久保利明羽生善治
2018広瀬章人佐藤天彦豊島将之斎藤慎太郎渡辺明永瀬拓矢渡辺明豊島将之
2019豊島将之豊島将之木村一基永瀬拓矢渡辺明渡辺明渡辺明
2020豊島将之渡辺明藤井聡太永瀬拓矢渡辺明豊島将之渡辺明藤井聡太
2021渡辺明藤井or豊島永瀬or木村豊島or藤井藤井聡太

 

竜王戦の歴代対局者、成績、出来事を年表で振り返る

初タイトルが竜王となる棋士が多いことから竜王戦ドリームと呼ばれますが、これまで竜王位を獲得した棋士は10名で、その中で竜王が初タイトルとなった棋士は6名います。

 

 

将棋のタイトルホルダー年表を東西棋士別に色分け

歴代タイトルホルダーの年表を棋士の出身地で東西別に色分けしてみました。
東日本が優勢だった状況から、最近は西日本が巻き返してきています。

 

 

棋士別の実績年表

 

もっと詳しく


【問】羽生善治が七冠を独占していたときの出来事は?
(A)「たまごっち」発売開始
(B)猿岩石が電波少年でヒッチハイクに挑戦
(C)野茂英雄が大リーグでノーヒットノーランを達成

 

page top