藤井聡太に関するトピック

藤井聡太五冠関連のトピックから将棋界について深く知る

藤井聡太五冠の活躍をきっかけに、将棋の魅力についてもっと知りたいと思った人向けの記事です。藤井聡太五冠と絡めて将棋界の仕組みや面白さなどを解説しています。

 

気軽に読んでみてください。

 

藤井五冠が次に獲得するタイトルは?(タイトル戦進行状況をチェック)


王将戦七番勝負で藤井四冠が勝利し、王将位を獲得。史上最年少かつ十代初の五冠となりました。

 

藤井五冠が次に獲得できるタイトルは最短で2022年9月に開幕する王座戦(永瀬拓矢王座)です。それまでに防衛戦として叡王戦(4月〜)、棋聖戦(6月〜)、王位戦(7月〜)があります。

 

 

将棋のピーク年齢を棋士のタイトル履歴で検証してみました

史上最年少でタイトルホルダーとなった藤井聡太五冠がどこまで強くなるのか気になりますよね。

 

一般的に棋士が最も強くなるのは20代から30代と言われていますが、早熟タイプもいれば、遅咲きタイプもいるハズ。そこで、主な棋士のピーク年齢をタイトル履歴から探ってみました。

 

現役の棋士に対してピーク年齢がいくつだったというのは、すでにピークを過ぎてしまったと言っているようで、失礼なのですが、あくまで現時点でピークと思える年齢ということです。

 

 

最年少竜王、最年少名人は?獲得時の年齢ランキング

八大タイトルの中でも別格となる竜王名人獲得時の年齢をランキング形式でまとめました。
現時点で最年少竜王は羽生善治九段の19歳3ヵ月、最年少名人は谷川浩司九段の21歳2ヵ月です。

 

 

藤井五冠と羽生五冠 タイトル戦の相手と戦型を比較

四冠vs三冠対決となった王将戦で藤井聡太四冠が渡辺明三冠に4勝0敗で勝利し、王将位を獲得しました。史上最年少、十代初の五冠となりました。

 

これまでの最年少記録は羽生善治五冠の22歳10カ月。
藤井聡太五冠は19歳6カ月での達成です。

 

この2人の五冠達成時のタイトル戦での成績と戦型を比較してきました。

 

 

page top