将棋の魅力、見方を知りたい人のためのサイト

将棋の魅力、面白さを知りたい方のための初心者向けサイト

将棋の盤面

 

「歩のない将棋は負け将棋」というのは将棋の格言のひとつ。
ちなみに、歩は「ふ」と読みます。「ほ」ではないので、念のため。

 

この格言というのは将棋の指し方などのセオリーを言い表したものです。

 

ほかにも「二枚換えなら歩ともせよ」「桂馬の高跳び歩の餌食」など。
七五調で声に出してみたくなるものが多いんですね。

 

格言を覚えてサラッと言えると、いかにも将棋を知ってる風に思われます。

 

将棋の面白さを知りたい人は…

また、格言を覚えることで将棋の面白さを知ることができます。
プロの対局では格言に反する手というのがしばしば指されます。

 

もちろんプロが格言を知らないわけがありません。
知っていて、あえて格言(セオリー)に反する指し方をしているというわけです。

 

その意図は?狙いは?成功か失敗か?
対局の見どころのひとつです。

 

将棋の面白さを知りたいひとは格言を覚えることをオススメします。
このサイトでも紹介していくので楽しみにしてください。

 

まずは、サイトの管理人の自校紹介からしておきます。
興味のない方は読み飛ばしてください。

 

管理人と将棋(ただの自己紹介です)

将棋にハマったのは小学生のころ。
父親に教えてもらったのがきっかけです。

 

大人も参加する地域の将棋大会で優勝したのが小学校6年生のとき。

 

優勝賞品が、なぜか「サラダ油」だったことを覚えてます。持って帰るのが重かった。

 

それから数十年。いまでは、日曜のNHK将棋対局を見て、「聞き手の藤田綾女流かわいいなぁ」と思う40代のおっさんです。

 

小学校のころから同じように将棋のことが好きだったかというと微妙なんですよね。

 

嫌いになったことはないのですが、熱中度には差があります。

 

羽生七冠フィーバーなど世間的に注目が集まると自分の将棋への熱中度も上がります。ミーハーなんですね。

 

藤井フィーバーの今はというと当然マックス!
将棋が好きで良かったと思うほどです。

 

ただ、藤井四段の昼食のメニューにまで注目が集まるのには違和感。「将棋の面白さ、そこじゃないんだよな〜」と感じたのがこのサイトを作ろうと思ったきっかけです。

 

自分が好きなものが世間的にも注目されるというのは嬉しいんですよね。
こうした経験は将棋で2回目。

 

将棋のほかにはラグビーが好き

実は、将棋のほかにラグビーも好きなんです。ワールドカップの南ア戦勝利でで日本代表が注目され、ブームになったときは自分のことのように興奮しました。

 

個人的に将棋とラグビーの魅力には共通するものがあると思ってます。
(この話は別のページで記載予定)

 

話が脱線気味になってしまいましたが、将棋の面白さを伝えるサイトを作っていきたいと思っています。なるべく定期的に更新するので、どうぞよろしくお願いいたします。

PR

page top