藤井四段きっかけで将棋の魅力についてもっと知りたいと思った人のための記事

藤井四段が達成しそうな歴代新記録は?

歴代新記録

 

藤井四段の公式戦29連勝はこれまでの記録を1勝上回り、歴代新記録となりました。連勝はストップしてしまいましたが、藤井四段に更新の期待がかかる記録はほかにもあります。

 

どんなものがあるか調べてみました。

 

史上最年少でのタイトル獲得

将棋界には竜王、名人など全部で8つのタイトルがあります。タイトルを獲得するには挑戦者となりタイトル保持者とのタイトル戦で勝利しなければなりません。

 

現時点での史上最年少タイトル獲得記録は屋敷伸之五段(当時)による18歳6ヶ月での棋聖位獲得です。プロになってから1年10ヶ月でのタイトル獲得でした。

 

藤井四段にも、この記録更新のチャンスがあります。
名人戦以外のタイトル戦は1年以内に挑戦者になる可能性があるからです。

 

詳しくは⇒藤井四段が最初に獲得する可能性が高いタイトルは?にまとめています。

 

年間勝率記録の歴代1位

将棋界では4月1日から3月31日までを1年間とし年間勝率をランキングしています。
この記録の歴代1位は、中原誠十六世名人による85.45%

 

47勝8敗という成績でのものでした。
1967年度の記録なので、かなり古い記録(それだけ破られていない記録)です。

 

年間勝率記録歴代ベスト5
順位棋士名勝率成績年度
1位中原誠85.45%47勝 8敗1967年度
2位中村太地85.11%40勝 7敗2011年度
3位羽生善治83.64%46勝 9敗1995年度
4位木村一基83.56%61勝12敗2001年度
5位桐山清澄82.61%38勝 8敗1968年度

(出所:日本将棋連盟ホームページ)

 

藤井四段の2017年度年間勝率(8月1日まで)
順位棋士名勝率成績年度
1位藤井聡太92.30%24勝 2敗2017年度

(出所:日本将棋連盟ホームページ)

 

プロ同士の戦いで勝率が90%超えというのはとてつもない数字です。
連勝記録ストップ後も連敗していないところを見ると、新記録達成の可能性が高そうです。

 

年間最多勝記録

勝率とともに年間の勝利数もランキングがあります。

 

歴代1位は羽生善治三冠による年間68勝(2000年度)。
ちなみに、歴代2位も羽生三冠の64勝(1988年度)です。

 

年間勝利数歴代ベスト5
順位棋士名勝率年度
1位羽生善治68勝2000年度
2位羽生善治64勝1988年度
3位森内俊之63勝1991年度
4位羽生善治61勝1992年度
4位木村一基61勝2001年度

(出所:日本将棋連盟ホームページ)

 

8月1日時点での藤井四段は2017年度の勝利数は24勝。
単純計算だと1ヶ月で6勝。

 

このペースが続けば6勝×12ヶ月で72勝の新記録となります。
こちらも注目の記録となりそうです。

PR

page top