羽生善治の実績年表

羽生善治九段の実績を年表で振り返る

羽生善治九段のタイトル獲得履歴などを年表形式にしてみました。

羽生善治の実績年表

西暦年年齢実績
1970年誕生埼玉県所沢市で生まれる(9月27日)
1977年小学1年生将棋を覚える
1978年小学2年生八王子将棋クラブに通うようになる
1982年小学6年生小学生将棋名人戦で優勝
1985年12月15歳史上3人目の中学生棋士
1989年2月18歳歴代4名人に勝って史上最年少でNHK杯優勝
1989年12月19歳初のタイトル獲得(竜王、19歳2か月で当時の最年少記録)
1990年11月20歳竜王位を失い無冠となる
1991年3月20歳棋王を獲得(以降、2018年12月までタイトルホルダーとしての状態が続く)
1992年9月21歳王座を獲得(初の二冠)
1993年1月22歳竜王を獲得(初の三冠)
1993年7月22歳棋聖を獲得(初の四冠)
1993年8月22歳王位を獲得(初の五冠)
1994年6月23歳名人を獲得(竜王を失っていたので五冠)
1994年12月24歳竜王位を獲得(初の六冠)
1995年3月24歳王将戦で七冠に挑戦するも3勝4敗で谷川王将に敗れる
(保持していた六冠を防衛)
1996年2月25歳七冠達成
1996年7月25歳七冠独占終わる(棋聖を失冠)
2004年6月33歳名人位を失い一冠(王座のみ)となるも9月に王位を獲得し二冠に
2005年2月34歳棋王を獲得し四冠となる
2008年6月37歳永世名人(十九世名人)の資格を得て、永世六冠となる
2008年12月38歳永世七冠に挑戦するも竜王戦で3連勝のあと4連敗
2012年3月41歳NHK杯戦四連覇
2014年5月43歳3度目の名人復位
2017年12月47歳永世七冠となる
2018年2月47歳国民栄誉賞受賞
2018年12月48歳無冠となる
?年?月?歳タイトル獲得通算100期達成

 

あらためて、そのスゴさ、スーパースターっぷりが伝わってきますね。
タイトル獲得数を年度別にグラフにするとこんな感じになります。

 

羽生善治の年度別タイトル獲得数

 

タイトル通算100期は?

タイトル通算100期まであと1期に迫りながら足踏みが続いていますが、永世七冠もあと一冠となってからが長かったのですが、2017年に達成しています。

 

ファンとしては「100期達成」が年表に書き加えられる日を楽しみに待っていましょう。

 

もっと詳しく


【問】羽生善治が七冠を独占していたときの出来事は?
(A)「たまごっち」発売開始
(B)猿岩石が電波少年でヒッチハイクに挑戦
(C)野茂英雄が大リーグでノーヒットノーランを達成

 

page top