藤井聡太の年表

最年少四冠なるか?藤井聡太のスゴさを年表で確認

史上最年少かつ史上初の十代での四冠達成が現実味を帯びてきた藤井聡太のスゴさを年表形式でふり返ってみました。十代にしてもはや偉人レベルですね。

 

藤井聡太のスゴさがわかる年表

年月年齢段位出来事史上最年少記録
2002年7月19日誕生
2007年5歳将棋を覚える
2007年12月5歳将棋教室に入会
2010年3月7歳(小1)東海研修会に入会
2011年10月9歳(小3)JT将棋日本シリーズ東海大会で優勝(低学年の部)
2012年9月10歳(小4)奨励会入会(6級)
2015年3月12歳(小6)詰将棋解答選手権で優勝12歳8か月で詰将棋解答選手権優勝
2015年10月13歳(中1)奨励会三段に昇段13歳2か月で奨励会三段
2016年10月14歳(中2)四段プロ入り(最年少棋士記録を62年ぶりに更新)14歳2か月でプロ入り
2016年12月14歳(中2)プロデビュー戦(対加藤一二三九段)14歳5か月で公式戦勝利
2017年2月14歳(中2)非公式戦で羽生善治三冠と初対局し勝利
2017年6月15歳(中3)歴代最多連勝記録を更新(29連勝)
2018年2月15歳(中3)五段C級1組へ昇級を決める
2018年2月15歳(中3)六段朝日杯将棋オープン戦で優勝15歳6か月で全棋士参加棋戦優勝
2018年5月15歳七段竜王ランキング戦で連続昇級
2019年2月16歳朝日杯将棋オープン戦で2連覇
2020年7月17歳初タイトルを獲得(対渡辺明棋聖)17歳11か月でタイトル獲得
2020年8月18歳八段王位を獲得し、二冠に(対木村一基王位)18歳1か月で二冠
2021年7月18歳九段棋聖位を防衛(対渡辺明名人)
2021年8月19歳王位を防衛(対豊島将之竜王)18歳11か月で九段
2021年9月19歳叡王を獲得し、三冠に(対豊島将之竜王)19歳1か月で三冠

 

藤井聡太三冠の史上最年少記録

史上最年少記録は上記の年表に記載したもの以外にもあるのですが、多すぎて省略しています。
まだ10代なのに、もう省略しなければいけないほど記録があるってスゴいですよね。

 

反対に史上最年少でない記録を挙げると、「10歳での奨励会入会(6級)」です。
10歳でも早いですが、もっと早く9歳で奨励会に入会している棋士もいます。

 

四冠をかけた竜王戦の相手の豊島将之竜王が9歳で奨励会入会。
棋士になる人はみんなそうですが、豊島竜王も天才少年だったわけです。

 

史上最年少の四冠達成は羽生善治九段の22歳9か月

これまで四冠を達成した棋士は5名のみ。

 

史上最年少での四冠は羽生善治九段の22歳9か月です。
その後、羽生四冠は25歳4か月で全七冠制覇を達成しています。

 

過去の四冠達成棋士
棋士名年齢達成年当時のタイトル数
羽生善治22歳9か月1993年全七冠
中原誠26歳0か月1973年全五冠
谷川浩司29歳10か月1992年全七冠
大山康晴37歳6か月1960年全四冠
米長邦雄41歳6か月1985年全七冠

現役の棋士では羽生九段と谷川九段だけが四冠経験者で、渡辺名人も四冠は達成していません。
高いハードルなんですね。

 

渡辺名人は、今年(2021年)の棋聖戦時点では三冠(名人、棋王、王将)を保持していたので、藤井棋聖に勝てば四冠達成となったのですが、タイトル獲得とはなりませんでした。

page top