「千駄ヶ谷の受け師」木村一基九段の実績年表

「千駄ヶ谷の受け師」木村一基九段の年表

46歳3か月での初タイトル獲得という最年長記録も持つ木村一基九段の実績を年表でふり返ってみました。まさに「百折不撓」という歴史になっています。

 

木村一基九段の百折不撓な年表

西暦年年齢実績
1973年6月誕生出身は千葉県四街道市
1985年12月12歳奨励会入会
1997年4月23歳四段となる
1999年4月25歳五段となる
2001年12月28歳六段となる
2002年10月29歳新人王戦で優勝(決勝の相手は鈴木大介六段)
2003年4月29歳七段となる
2005年10月32歳竜王戦(渡辺明竜王)に挑戦
2007年4月33歳八段となる、A級入り
2008年9月35歳王座戦(羽生善治王座)に挑戦
2009年6月35歳棋聖戦(羽生善治棋聖)に挑戦
2009年7月36歳王位戦(深浦康市王位)に挑戦
2011年2月37歳朝日杯将棋オープン戦で優勝(決勝の相手は羽生善治名人)
2014年7月41歳王位戦(羽生善治王位)に挑戦
2016年7月43歳王位戦(羽生善治王位)に挑戦
2017年6月44歳九段となる
2019年9月46歳王位戦(豊島将之王位)に挑戦し、初のタイトル獲得
2020年8月47歳王位戦で藤井聡太棋聖に敗れ失冠
2021年9月48歳王座戦(永瀬拓矢王座)に挑戦

 

プロデビューは23歳と遅咲き

木村一基九段が奨励会に入会したのは、羽生善治九段が史上3人目の中学生棋士となった1985年12月です。小学6年生だった木村少年にとっては、中学生の羽生さんがプロになったというのは大きな刺激になったと思われます。

 

ちなみに、木村九段と同学年なのは行方尚史九段と野月浩貴八段で、同じ小学生将棋名人戦で野月少年が優勝、行方少年が3位、木村少年がベスト8という記録が残っています。

 

奨励会入会から11年あまりを経てプロデビュー。
23歳での遅咲きでした。

 

7回目の挑戦でタイトル獲得

プロに入ってからは勝ち星を伸ばし、1998年度に新人賞、1999年度に勝率一位賞、2001年度には勝率一位賞・最多勝利賞・最多対局賞を受賞しています。

 

初のタイトル挑戦2005年の竜王戦で32歳のとき。
渡辺明竜王に挑戦しましたが、0勝4敗で敗れてしまいました。

 

以降、タイトル挑戦は続くも、獲得はならず。特に2009年の王位戦では、3連勝してタイトル獲得まであと1勝と迫りながら4連敗してしまいました。

 

ただ、百折不撓の木村八段(当時)は、これでは終わりません。2011年2月の朝日杯将棋オープン戦では、準決勝で渡辺明竜王に、決勝で羽生善治名人に勝利し、優勝します。

 

そして、2019年の王位戦
7回目のタイトル挑戦でついに悲願のタイトルを獲得しました。

 

翌年には藤井棋聖に敗れ、タイトルを失ってしまったものの、2021年に再びタイトル戦の舞台に戻ってきています。まさに、百折不撓ですね。

 

あわせて読みたい

page top