羽生善治九段のタイトル通算100期への進行状況

羽生九段のタイトル獲得通算100期がいつになるかの最新状況です(2022年7月23日更新)。

 

 

棋王戦挑戦者決定トーナメントで佐藤康光九段に勝利

8月5日に行われた棋王戦挑戦者決定トーナメントで佐藤康光九段に勝利しました(この時点でベスト8)。次は広瀬章人八段と菅井竜也八段の勝者との対局になります。

 

棋王戦挑戦者決定トーナメントで千葉七段に勝利

挑戦者決定トーナメントの1回戦が6月30日に行われ千葉幸生七段に勝利しました。次局はシードされている佐藤康光九段との対局。その次は広瀬章人八段、菅井竜也八段、近藤誠也七段、出口若武六段の勝ち上がりと対局。この対局に勝った段階でベスト4となります。

 

2022年度中にタイトル挑戦の可能性があるのは王将戦と棋王戦

2022年度(2022/4〜2023/3)中に羽生九段がタイトルに挑戦する可能性が残っているのは2023年になってから行われる王将戦棋王戦のみとなっています。

 

2022年度タイトルへ戦の羽生九段挑戦状況

タイトルホルダー 開催時期 挑戦状況
名人戦 渡辺明 4-6月 敗退
叡王戦 藤井聡太 4-6月 敗退(段位別予選)
棋聖戦 藤井聡太 6-7月 敗退(二次予選)
王位戦 藤井聡太 7-9月 敗退(挑戦者決定リーグ)
王座戦 永瀬拓矢 9-10月 敗退(二次予選)
竜王戦 藤井聡太 10-12月 敗退(出場者決定戦)
王将戦 藤井聡太 1-3月 挑戦者決定リーグ戦から
棋王戦 渡辺明 2-3月 挑戦者決定トーナメント中

タイトル挑戦の可能性が残っているもの

王将戦は前期の挑戦者決定リーグ戦での成績が4勝2敗だったのでリーグ戦に残留していて、7名による挑戦者決定リーグ戦から参戦です。

 

2023年度のタイトル挑戦

叡王戦の段位別予選が進行中で、1回戦で島朗九段に勝利。次局は南九段、井上九段、福崎九段の勝ち上がりと対局となります。

 

関連記事:羽生善治の実績年表

西暦年 年齢 実績
1970年 誕生 埼玉県所沢市で生まれる(9月27日)
1977年 小学1年生 将棋を覚える
1978年 小学2年生 八王子将棋クラブに通うようになる
1982年 小学6年生 小学生将棋名人戦で優勝
1985年12月 15歳 史上3人目の中学生棋士

 

 

羽生九段に関する問題もあります
  • 【Q42】羽生善治のタイトル獲得99期の中で最も獲得期数が多いタイトルは?
  • 【Q43】羽生善治が七冠独占を達成したときに小学生だった棋士は?
  • 【Q44】羽生善治がNHK杯で指した伝説の指し手は?