棋士の出身地(都道府県単位)

現役棋士がいない都道府県は全部で18県

2021年7月20日時点での現役棋士は170名。これを出身都道府県別にしてみると、最も多いのはやはり東京都で43名。次いで神奈川県18名、大阪府15名となります。

 

単純な人口割合で東京都の人口は全国の約11%ですが、棋士だと25%。4人に1人は東京都出身と人口割合よりもかなり多くなっています。

 

都道府県別の現役棋士数(2021年7月20日時点)

都道府県棋士数(人)主な棋士
東京都43渡辺明郷田真隆
神奈川県18森内俊之永瀬拓矢
大阪府15福崎文吾千田翔太
兵庫県12谷川浩司久保利明
埼玉県11羽生善治佐々木勇気
千葉県8丸山忠久木村一基
北海道6屋敷伸之広瀬章人
京都府5佐藤康光安用寺孝功
広島県5糸谷哲郎山崎隆之
静岡県4青野照市八代弥
愛知県4豊島将之藤井聡太
和歌山県4神崎健二大橋貴洸
福岡県4佐藤天彦森下卓
青森県3行方尚史先崎学
富山県3田村康介村田顕弘
三重県3澤田真吾石川優太
奈良県3桐山清澄斎藤慎太郎
宮城県2中川大輔佐藤秀司
群馬県2藤井猛三浦弘行
長野県2木下浩一田中悠一
岐阜県2長沼洋高田明浩
岡山県2菅井竜也有森浩三
長崎県2深浦康市佐々木大地
宮崎県2都成竜馬高崎一生
山形県1阿部健治郎
栃木県1長谷部浩平
新潟県1近藤正和
香川県1小林健二
愛媛県1黒田尭之

出身都道府県は日本将棋連盟のサイトに表記されている出身地で計算

 

愛知県出身者は4名ですが、豊島将之竜王と藤井聡太二冠がいるのは豪華ですね。
あとの2人も藤井二冠の師匠の杉本昌隆八段と松尾歩八段と実力者がそろっています。

 

2人しかいない群馬県藤井猛九段、三浦弘行九段と二人ともタイトル経験者の強豪です。

 

現役棋士の出身都道府県(地図)

出身の現役棋士がいる都道府県に地図上で色をつけてみるとこんな感じになります。
現役棋士の出身都道府県

 

空白(現役棋士がいない)県は全部で18県(岩手県、秋田県、福島県、茨城県、石川県、福井県、山梨県、滋賀県、鳥取県、島根県、山口県、徳島県、高知県、佐賀県、熊本県、大分県、鹿児島県、沖縄県)となっています。

 

山梨県は現役棋士では空白県ですが、故米長邦雄永世棋聖の出身地です。

 

2001〜2020年度タイトルホルダーの出身都道府県は?

2001〜2020年度にタイトル獲得期数を都道府県別に集計するとこうなります。

都道府県獲得期数(期)棋士名
埼玉県52羽生善治
東京都33渡辺明郷田真隆中村太地
神奈川県16森内俊之永瀬拓矢高見泰地
京都府10佐藤康光
兵庫県10久保利明谷川浩司
愛知県8豊島将之藤井聡太
千葉県3丸山忠久木村一基
長崎県3深浦康市
福岡県3佐藤天彦
北海道2広瀬章人
岡山県1菅井竜也
広島県1糸谷哲郎
奈良県1斎藤慎太郎

 

これは羽生善治九段がいる埼玉県が圧倒的に多くなりますね。
ただ、今後は豊島竜王、藤井二冠がいる愛知県が増えてきそうです。

 

地図にするとこうなります。
将棋タイトルホルダーの出身都道府県

 

北海道は広瀬章人八段が竜王位を獲得していますが、東北地方出身の棋士で最後にタイトルを保持していたのは、1992年度の中原誠名人(宮城県出身)です。

page top