藤井七段が記録を破るか?将棋の棋士の初タイトル時年齢一覧

藤井七段が記録を破るか?将棋の棋士の初タイトル時の年齢一覧

史上最年少タイトル獲得の期待がかかっている藤井七段ですが、羽生竜王など名棋士が初めてタイトルを獲得した年齢はいくつだったのでしょうか?調べてみました。

 

現タイトルホルダーの初タイトル獲得時年齢

現時点でのタイトルホルダーの初タイトル獲得時の年齢は次の通りです。

棋士名初タイトル年齢プロ入り
羽生善治竜王19歳2ヶ月15歳
佐藤天彦名人28歳18歳
菅井竜也王位25歳17歳
中村太地王座29歳17歳
渡辺明竜王20歳15歳
久保利明棋王33歳17歳

(敬称略)

 

この中では羽生善治竜王が最も早く10代で獲得。
これは当時の史上最年少記録でした。

 

その後、屋敷棋聖により最年少記録が更新され、羽生竜王の記録は現在2位の早さ。3位が渡辺竜王の20歳なので、10代でのタイトル獲得は2人だけとなります。

 

名棋士の初タイトル獲得時年齢

史上最年少記録を持つ屋敷九段も含む名棋士のタイトル獲得時年齢もまとめました。

棋士名初タイトル年齢プロ入り
谷川浩司名人21歳14歳
佐藤康光竜王24歳17歳
森内俊之名人31歳16歳
屋敷伸之棋聖18歳6ヶ月16歳
中原誠棋聖20歳18歳
加藤一二三十段28歳14歳

(敬称略)

 

谷川浩司九段の21歳での名人獲得は、いまだに破られていない最年少の名人位獲得記録です。

 

ちなみに、藤井七段とスピード記録が比較されることが多い「ひふみん(加藤一二三九段)」は初タイトル獲得時の年齢は28歳と将棋界では遅いほうです。ただし、史上最年少での名人位挑戦という記録を持っています。

 

現時点での史上最年少タイトル獲得は屋敷伸之棋聖の18歳6ヶ月
この記録更新が藤井七段にかかっていることになります。

PR

page top