竜王戦での藤井聡太三冠の全成績

竜王戦での藤井聡太二冠の全成績をチェック

叡王戦でタイトルを獲得した藤井聡太三冠が次に挑戦するタイトルは10月に始まる竜王戦です。
そこで、これまでの竜王戦での藤井聡太三冠の全成績をチェックしてみました。

 

ランキング戦では負けなしで毎年、決勝トーナメントに進出

2021年2組所属
段階対局相手結果
ランキング戦1回戦阿久津主税八段勝ち
ランキング戦2回戦広瀬章人八段勝ち
ランキング戦準決勝松尾歩八段勝ち
ランキング戦決勝八代弥七段勝ち
決勝トーナメント1回戦山崎隆之八段(1組3位)勝ち
決勝トーナメント準決勝八代弥七段(2組2位)勝ち
挑戦者決定三番勝負永瀬拓矢王座(1組優勝)1勝

 

2020年3組所属
段階対局相手結果
ランキング戦1回戦畠山鎮八段勝ち
ランキング戦2回戦高橋道雄九段勝ち
ランキング戦準決勝千田翔太七段勝ち
ランキング戦決勝杉本昌隆八段勝ち
決勝トーナメント1回戦丸山九段(2組2位)負け

 

2019年4組所属
段階対局相手結果
ランキング戦1回戦村田顕弘六段勝ち
ランキング戦2回戦畠山成幸八段勝ち
ランキング戦3回戦中田宏樹八段勝ち
ランキング戦準決勝高見泰地叡王勝ち
ランキング戦決勝菅井竜也七段勝ち
決勝トーナメント1回戦近藤誠也七段(5組優勝)勝ち
決勝トーナメント2回戦久保利明九段(1組5位)勝ち
決勝トーナメント3回戦豊島将之名人(1組4位)負け

現タイトルホルダーの豊島将之竜王とは2019年の竜王戦決勝トーナメントで対局し、藤井聡太七段(当時)は敗れています。この対局に勝った豊島将之名人(当時)は、渡辺明二冠、木村一基九段にトーナメントで勝ち挑戦者となり、広瀬章人竜王からタイトルを獲得しました。

 

2018年5組所属
段階対局相手結果
ランキング戦1回戦中田功七段勝ち
ランキング戦2回戦阿部隆八段勝ち
ランキング戦3回戦阿部光瑠六段勝ち
ランキング戦準決勝船江恒平六段勝ち
ランキング戦決勝石田直裕五段勝ち
決勝トーナメント1回戦都成竜馬五段(6組優勝)勝ち
決勝トーナメント2回戦増田康宏六段(4組優勝)負け

 

2017年6組所属
段階対局相手結果
ランキング戦1回戦加藤一二三九段勝ち
ランキング戦2回戦浦野真彦八段勝ち
ランキング戦3回戦所司和晴七段勝ち
ランキング戦4回戦星野良生四段勝ち
ランキング戦準決勝金井恒太六段勝ち
ランキング戦決勝近藤誠也五段勝ち
決勝トーナメント1回戦増田康宏四段(5組優勝)勝ち
決勝トーナメント2回戦佐々木勇気五段(4組優勝)負け

佐々木勇気五段に負けた対局はデビュー後の連勝記録が止まった対局です。

 

竜王獲得時の各棋士の年齢は?

将棋タイトルの序列1位となる竜王のタイトルを獲得したことのある棋士はこれまで10名。
タイトル獲得時の年齢は次の通りです。

 

棋士名獲得時年齢獲得日対局相手
羽生善治19歳3ヵ月1989年12月27日島朗
渡辺明20歳8ヵ月2004年12月28日森内俊之
佐藤康光24歳2か月1993年12月10日羽生善治
島朗25歳8ヵ月1988年11月17日米長邦雄(*1)
糸谷哲郎26歳1ヵ月2014年12月4日森内俊之
藤井猛28歳1か月1998年11月19日谷川浩司
谷川浩司28歳7ヵ月1990年11月27日羽生善治
豊島将之29歳7ヵ月2019年12月7日広瀬章人
広瀬章人31歳11ヵ月2018年12月21日羽生善治
森内俊之33歳1ヵ月2003年11月27日羽生善治

*1…第1回はトーナメントの決勝相手で、他は前竜王が対局相手

藤井聡太二冠は2002年7月19日生まれなので、今年(2021年)にタイトルを獲得した場合は19歳●ヶ月となります。

 

ただし7月生まれで、竜王戦七番勝負の開始が10月であることから、羽生善治九段の持つ19歳3ヵ月より早くなることは不可能となっています。それでも2番目の早さ。

 

ちなみに、20歳で竜王位を獲得した渡辺明名人は、そこから竜王位を9連覇しています。

 

 

page top