将棋のタイトルホルダー年表

出身地別に色分けしたタイトルホルダー年表

歴代タイトルホルダーの年表を棋士の出身地で東西別に色分けしてみました。
東日本が優勢だった状況から、最近は西日本が巻き返してきています。

 

歴代タイトルホルダー年表(羽生七冠独占以降)

年度竜王名人王位王座棋王叡王王将棋聖
2021渡辺明藤井/豊島永瀬/木村豊島/藤井藤井聡太
2020豊島将之渡辺明藤井聡太永瀬拓矢渡辺明豊島将之渡辺明藤井聡太
2019豊島将之豊島将之木村一基永瀬拓矢渡辺明渡辺明渡辺明
2018広瀬章人佐藤天彦豊島将之斎藤慎太郎渡辺明永瀬拓矢渡辺明豊島将之
2017羽生善治佐藤天彦菅井竜也中村太地渡辺明高見泰地久保利明羽生善治
2016渡辺明佐藤天彦羽生善治羽生善治渡辺明久保利明羽生善治
2015渡辺明羽生善治羽生善治羽生善治渡辺明郷田真隆羽生善治
2014糸谷哲郎羽生善治羽生善治羽生善治渡辺明郷田真隆羽生善治
2013森内俊之森内俊之羽生善治羽生善治渡辺明渡辺明羽生善治
2012渡辺明森内俊之羽生善治羽生善治渡辺明渡辺明羽生善治
2011渡辺明森内俊之羽生善治渡辺明郷田真隆佐藤康光羽生善治
2010渡辺明羽生善治広瀬章人羽生善治久保利明久保利明羽生善治
2009渡辺明羽生善治深浦康市羽生善治久保利明久保利明羽生善治
2008渡辺明羽生善治深浦康市羽生善治久保利明羽生善治羽生善治
2007渡辺明森内俊之深浦康市羽生善治佐藤康光羽生善治佐藤康光
2006渡辺明森内俊之羽生善治羽生善治佐藤康光羽生善治佐藤康光
2005渡辺明森内俊之羽生善治羽生善治森内俊之羽生善治佐藤康光
2004渡辺明森内俊之羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治佐藤康光
2003森内俊之羽生善治谷川浩司羽生善治谷川浩司森内俊之佐藤康光
2002羽生善治森内俊之谷川浩司羽生善治丸山忠久羽生善治佐藤康光
2001羽生善治丸山忠久羽生善治羽生善治羽生善治佐藤康光郷田真隆
2000藤井猛丸山忠久羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治
1999藤井猛佐藤康光羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治谷川浩司
1998藤井猛佐藤康光羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治郷田真隆
1997谷川浩司谷川浩司羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治屋敷伸之
1996谷川浩司羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治三浦弘行
1995羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治

東日本出身棋士西日本出身棋士

 

東日本143期 vs 西日本44期も豊島、藤井で西日本が巻き返し中

1995年度から2021年度棋聖戦終了時点まででタイトル獲得期を棋士の出身地別に集計すると、東日本が143期で西日本が44期です。

 

羽生善治九段が81期、渡辺明名人が29期と二人だけで110期も獲得しているので東日本のほうが多くなるのですが、豊島将之竜王と藤井聡太二冠の活躍で西日本が巻き返してきています。

 

この期間(1995年度以降)の棋士別のタイトル獲得期数はこちら。

東日本西日本
棋士獲得期数棋士獲得期数
羽生善治81
渡辺明29
森内俊之12佐藤康光12
谷川浩司7
久保利明7
豊島将之6
郷田真隆5
永瀬拓矢3藤井聡太3
丸山忠久3深浦康市3
藤井猛3佐藤天彦3
広瀬章人2
屋敷伸之1糸谷哲郎1
三浦弘行1菅井竜也1
木村一基1斎藤慎太郎1
中村太地1
高見泰地1

4強棋士

 

現在4強と呼ばれる棋士が東西2名ずつ(東日本…渡辺明、永瀬拓矢、西日本…豊島将之、藤井聡太)に分かれているので、これからのタイトル戦では東西対決にも着目です。

 

ちなみに、現在タイトル戦が行われている王位戦と叡王戦はともに西日本同士の決戦。
9月から開幕する王座戦は東日本同士の決戦となっています。

 

平成将棋史を当時の世相と振り返る


【問】羽生善治が七冠を独占していたときの出来事は?
(A)「たまごっち」発売開始
(B)猿岩石が電波少年でヒッチハイクに挑戦
(C)野茂英雄が大リーグでノーヒットノーランを達成

 

page top