羽生竜王と藤井五段の公式戦初対局前に非公式戦を振り返ってみました

羽生竜王と藤井五段の公式戦初対局前に非公式戦を振り返り

羽生竜王と藤井聡太五段(2月1日に五段に昇段)の公式戦初対局が決まりました。
第11回朝日杯将棋オープン戦の準決勝で2月17日(土)です。

 

この2人、公式戦では初対局ですが、非公式戦で2回対局しています。
公式戦前にその2局のポイントを振り返ってみます。

 

第1局(炎の七番勝負)4五桂ポン仕掛けで藤井四段が勝利

非公式戦ながら藤井四段と羽生三冠(いずれも当時)の初対局となったのは、AbemaTV「藤井聡太四段 炎の七番勝負」の第7局。

 

これはその名のとおり、中学生棋士としてプロデビューした藤井聡太四段のための企画です。藤井四段が7人と対局するもので、その7人目が羽生三冠でした。

 

ちなみに、第6局までで藤井四段の成績は5勝1敗。
若手実力者からA級棋士まで相手にいる中での大健闘です。

 

で、迎えた第7局。
振り駒の結果、藤井四段の先手となり角換わりに進みます。

 

藤井四段「4五桂ポン」で仕掛ける

藤井四段4五桂ポン

 

局面は▲2五歩△3三銀のあとに▲4五桂で藤井四段が仕掛けたところ。
このあと角桂(藤井四段)と(羽生竜王)の交換となります。

 

無理攻めのように思えたのですが、第二波の攻めが続いて、藤井四段の勝利となりました。

 

第2局羽生竜王が藤井システムで勝利

2回目の対局となったのは「第零期獅子王戦」の決勝戦。
こちらは映画「3月のライオン」公開にあわせて行われた企画です。

 

この対局で先手となったのは羽生三冠
▲7六歩△8四歩の出だしから3手目に▲1六歩とした羽生竜王。

 

△3四歩に▲6六歩と角道を止めて、羽生竜王は飛車を振りました。
穴熊を目指す藤井四段に対して、羽生三冠は「藤井システム」を採用。

 

藤井四段相手に藤井システムって魅せますね〜。

藤井システムとは、藤井猛九段が開発した指し方です。
詳しくは「じゃないほう」の藤井九段による藤井システムをご覧ください。

 

▲2五桂で羽生三冠が仕掛ける

羽生対藤井 獅子王戦

 

31手目▲2五桂で仕掛けたのが羽生三冠。
1局目と同じように仕掛けは「桂跳ね」でした。

 

長い戦いとなりましたが129手で羽生三冠の勝利
これで非公式戦の対戦成績は1勝1敗となりました。

 

公式戦初対局は「どちらが先手か」「戦型」「仕掛け」に注目したいところです。

PR

page top