竜王戦の歴代対局者、成績、出来事

歴代竜王戦を振り返る

歴代竜王戦での対局者、成績、出来事を年表形式にまとめてみました。

 

竜王戦年表

歴代竜王対局相手挑戦者成績出来事
1988島朗米長邦雄4−0島朗初タイトル(25歳9か月)
1989羽生善治島朗3組優勝4−3(1持)羽生善治初タイトル(19歳2か月)
1990谷川浩司羽生善治1組3位4−1
1991谷川浩司森下卓3組優勝4−2(1持)
1992羽生善治谷川浩司2組優勝4−3
1993佐藤康光羽生善治1組2位4−2佐藤康光初タイトル(24歳2か月)
1994羽生善治佐藤康光1組3位4−2羽生善治が史上初の竜王・名人に
1995羽生善治佐藤康光1組3位4−2羽生善治七冠達成
1996谷川浩司羽生善治1組2位4−1
1997谷川浩司真田圭一4組優勝4−0
1998藤井猛谷川浩司4組優勝4−0藤井猛初タイトル(28歳1か月)
1999藤井猛鈴木大介2組2位4−1
2000藤井猛羽生善治1組2位4−3
2001羽生善治藤井猛1組3位4−1
2002羽生善治阿部隆2組優勝4−3
2003森内俊之羽生善治1組3位4−0
2004渡辺明森内俊之4組優勝4−3渡辺明初タイトル(20歳8か月)
2005渡辺明木村一基1組3位4−0
2006渡辺明佐藤康光1組3位4−3
2007渡辺明佐藤康光1組2位4−2
2008渡辺明羽生善治1組5位4−3渡辺明永世竜王(※1)
2009渡辺明森内俊之2組優勝4−0
2010渡辺明羽生善治1組3位4−2
2011渡辺明丸山忠久1組優勝4−1
2012渡辺明丸山忠久1組4位4−1渡辺明竜王9連覇
2013森内俊之渡辺明1組2位4−1
2014糸谷哲郎森内俊之3組優勝4−1糸谷初タイトル(26歳1か月)
2015渡辺明糸谷哲郎2組2位4−1
2016渡辺明丸山忠久1組優勝4−3将棋ソフト不正使用疑惑騒動
2017羽生善治渡辺明1組2位4−1羽生永世竜王(永世七冠達成)
2018広瀬章人羽生善治1組優勝4−3
2019豊島将之広瀬章人1組4位4−1豊島将之が4人目の竜王・名人に(※2)
2020豊島将之羽生善治1組優勝4−1

※1…永世竜王の資格は連続5期か通算7期獲得となっており、2008年の竜王戦は前年まで連続4期獲得の渡辺明竜王と通算で6期獲得済の羽生善治名人の対局となったため、勝ったほうが初代永世竜王となる大勝負となった。七番勝負は羽生名人が三連勝した後に、渡辺竜王が四連勝して、竜王位を防衛。渡辺明竜王が初代永世竜王になりました。

※2…タイトルの中でも別格の竜王位と名人位を同時に獲得した棋士はこれまで4名。羽生善治、谷川浩司、森内俊之、豊島将之で名人位を保持していて竜王戦での竜王位獲得により達成した棋士が羽生と豊島。竜王位を保持していて名人戦で達成したのが谷川と森内。

 

竜王戦ドリームの達成者

初タイトルが竜王となる棋士が多いことから竜王戦ドリームと呼ばれますが、これまで竜王位を獲得した棋士は10名で、その中で竜王が初タイトルとなった棋士は6名います。

棋士名獲得時年齢ランキング戦
1989羽生善治19歳3ヵ月3組優勝
2004渡辺明20歳8ヵ月4組優勝
1993佐藤康光24歳2か月1組2位
1988島朗25歳8ヵ月第1期トーナメント
2014糸谷哲郎26歳1ヵ月3組優勝
1998藤井猛28歳1か月4組優勝

3組優勝、4組優勝のように下のクラスで優勝して、そのままの勢いで決勝トーナメントを勝ち上がり挑戦権獲得→竜王位獲得まで行ってしまうのが典型的な竜王戦ドリームです。

 

1組2位と1組3位からの竜王位獲得が最多

第2期(1989年)から第33期(2020年)までの32回で、挑戦者が竜王位を獲得したのは17回あり、ランキング戦順位で最も多いのは1組2位1組3位の4回ずつとなっています。

 

挑戦者が竜王位を獲得したときの挑戦者のランキング戦結果
  1. 1組2位、1組3位…4回
  2. 1組4位、3組優勝、4組優勝…2回
  3. 1組優勝、2組優勝、2組2位…1回

 

平成将棋史を当時の世相と振り返る


【問】羽生善治が七冠を独占していたときの出来事は?
(A)「たまごっち」発売開始
(B)猿岩石が電波少年でヒッチハイクに挑戦
(C)野茂英雄が大リーグでノーヒットノーランを達成

 

page top