藤井世代の棋士が誕生「伊藤匠」新四段

藤井世代の棋士が誕生「伊藤匠」新四段

藤井聡太二冠よりも年下の棋士が誕生することになりました。
伊藤匠新四段です。

 


年下といっても同学年で誕生日が3ヶ月、伊藤匠新四段が遅いだけです。
ついに藤井聡太世代の棋士が誕生することになります。

 

伊藤匠新四段は名門出身

伊藤匠新四段の師匠は宮田利男八段。
宮田利男八段の師匠は高柳敏夫名誉九段で、将棋界では名門となる高柳一門です。

 

高柳敏夫名誉九段の弟子は宮田利男八段以外に、芹沢博文九段、安恵照剛八段、中原誠十六世名人、田中寅彦九段、伊藤果八段、島朗九段とそうそうたる顔ぶれ。

 

宮田利男八段の弟子にも、斎藤明日斗四段、本田奎五段がいます。

 

藤井聡太世代の棋士

伊藤匠新四段が藤井聡太二冠に代わって最年少棋士となるわけですが、ほかの若手棋士(2020年9月時点で23歳以下)にはどんな人がいるか調べてみました。

棋士名年齢棋士番号段位生年月日
黒田尭之23歳318四段1996年9月26日
本田奎23歳315五段1997年7月5日
増田康宏22歳297六段1997年11月4日
斎藤明日斗22歳311四段1998年7月17日
服部慎一郎21歳322四段1999年8月2日
藤井聡太18歳307二冠2002年7月19日
伊藤匠17歳新四段2002年10月10日

(伊藤匠新四段は2020年10月1日付で四段となる)

 

棋士番号がプロ棋士になった順番を意味しているので増田六段がこの中では早いですね。
また、この7人中3人が宮田利男八段の弟子というのも興味深い。

 

2000年以降生まれは2人。
これから増えていくのでしょうが、この2人が切り拓いていく新しい世界に注目です。

PR

page top